海の季節

2

私は海まで15分くらいの町に住んでいます。それもあって、海が大好きな人たちが周りにたくさんいます。海岸沿いには多くのビーチがあり、色々な人がそれぞれのお勧めのビーチを教えてくれます。どのビーチもとても美しくて、海が好きになる理由も分かる気がします。

浜辺には色とりどりのパラソルが並んでいて、多くの人がその下でゆっくり過ごすようです。泳ぐより、景色を楽しんだりくつろいだりする時間の方が長いかもしれません。パラソルの下にいても日焼けはしてしまうようで、海好きな人々はこの時期どんどん黒くなっていきます。でもそれも良いことのようで、「日焼けしたね」というのが日々の褒め言葉として使われています。強烈な日差しのせいで、私も海に行かなくてもだんだん日焼けしていっているのですが、よくこの言葉で褒められます。

週末になると、海に向かう道は大渋滞になります。また週末だけではなく、平日の夕方も渋滞が発生します。なぜかというと、仕事を終えた人々が海に繰り出すからです。サマータイムのおかげで最近は夜9時過ぎまで明るく、また定時で終業する人がほとんどなので、仕事を終えてからも十分に遊ぶことができるようです。最初にこのことを知った時は、日本との違いにとても驚きました。ある知り合いは、海を満喫するために海際に夏だけ家を借りて、そこから仕事に通っているそうです。そういう話を聞くにつけ、人生は楽しむためにあるのかもしれないと思ったりもします。

Fumi

2件のコメント

  1. 仕事の後に遊ぶのはいいとして、次の日の朝は大丈夫なのでしょうか?
    それにしても、ヨーロッパの人たちの余暇の過ごし方は本当に憧れますね!

    • 多分、海で遊ぶといっても浜辺でのんびりだらだらするというイメージなので、体力はそんなに使わないのかなと想像しています。また、仕事で消耗しきっているという訳ではないので(勝手なイメージですが)、ちょっとぐらい遊んでも次の日にはあまり影響しなさそうです。
      本当に素敵な余暇の過ごし方ですよね〜。イタリア並とまではいかないかもしれないですが、日本でももう少しゆとりを持ってもいいのかなと感じてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA