図書館からの贈り物

2

今日、町の図書館に初めて行ってみました。イタリア語の勉強に役に立ちそうな、子供向けの本を探すためです。実は以前に同じ目的で本を買ったのですが、ぱっと見の印象と違ってかなり難しく、なかなか読み進むことができませんでした。なので、自分のレベルに合った本をじっくり選べればと思い、図書館を利用することにしました。

ただ、市民ではない人が市の図書館を利用できるのか、行ってみるまではかなり不安でした。最悪追い出されるかもと思いながら入館し、司書の方に声をかけてみました。すると思った以上に親切に対応していただけ、どんな本が読みたいのかじっくり聞いてもらえました。そして、本当に驚いたのですが、中学生向けのイタリア語のエッセイの教科書(多分、日本では国語の教科書に相当するもの)を3冊、スピーキングと文法の教科書を1冊ずついただき、さらに頑張ってねとの声もいただけました。どの教科書も誰かが使った跡があったので、もしかすると教科書のリサイクル制度のようなものがあるのかもしれません。いずれにせよ、とても嬉しかったです。

まださらっと目を通しただけなのですが、日本の国語の教科書とはかなり様子が違って面白いです。もう少ししっかり読んでから、教科書の内容について描いてみたいと思います。

Fumi

2件のコメント

  1. 図書館の司書の方の対応、素晴らしいですね!
    イタリアの教科書の中身、楽しみにしています!

    • そうなんです、ちょっと感動しました!教科書は読んでいても面白い内容で、へーと思うことが多いです。もう少しお待ちくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA